『三つ子の魂百まで』とはよく言われるが、まさにそうかと思う。子どもの頃に見たもの、聞いたこと、感じた思い、これらは深く入って忘れることはない。よくも悪くも影響は深い。テレビなどもまさにそうで、子どもの頃に見たテレビ番組は、細部まではっきり思い出せるし、時々なにかの拍子で思い浮かんでくる。なぜ、こんなことを思い出すのか、そんな思いがけない時に浮かんで来ることもある。

 いつかの年の春先だったか、とある養護施設にランドセルが数個贈られたことがあって、その贈り主が本名を名乗ることなく、添え状かなにかに『伊達直人』と名乗っていたというニュースがあった。『伊達直人』と聞いてそれが誰かすぐに思い出せるのは、まずもって40代半ば以上だろう。何度か再放送されてはいるが、オリジナルはもう40年数年前に放映された、テレビアニメの主人公の名が、その『伊達直人』だった。

 アニメはその名も『タイガーマスク』。タイガーマスクとは、プロレスラー伊達直人が虎を模したマスクを被ってリングに上がる時のリングネームだ。彼は『虎の穴』の出身。虎の穴には、世界中から人さらいのようにして頑強そうな子どもたちが集められ、地獄の特訓を行って一人前のプロレスラーに叩き上げるという収容所まがいのレスラー養成所が虎の穴だ。

 そこでの猛特訓中に仮に子どもたちが死んでもそれは仕方がない。弱かったら死があるのみ。集められたのは孤児同然の子どもたちという設定で、生き残るには叩き上がるしかないという筋書きとなっていた。その虎の穴の優等生として、“黄色い悪魔”と称される悪役レスラーとなって日本のマットに現れたのがタイガーマスクこと伊達直人なのだった。憎まれ、蔑まれながらリングで暴れるヒールが“黄色い悪魔”たる所以だ。

 伊達直人は孤児として施設で育ち、ある時、虎の穴にさらわれレスラーに仕立て上げられた。けれどもその同じ施設の後輩となる子どもたちが、タイガーマスクの悪辣ぶりに歓喜する様を見て、伊達直人は悩み始める。そして、ついに無法な反則によるのではなく、正当な必殺技で対戦相手を倒し、子どもたちにフェアプレーの正しさと真の強さを見せようとする。さらにファイトマネーを虎の穴に送金せずに孤児のために使う決意をし、それを以って虎の穴から裏切り者として命を狙われる者となる。

 当時このアニメを齧りつく様に毎週観ていた私は、タイガーの闘いが、子どもの単純な正義感に訴えてくれるのをとても快く感じていた。素朴なヒロイズムを感じていたと思う。『自分も将来は孤児を救うんだ』とか、あの頃は本気で考えていた。

 そして、なんと言ってもこのアニメは最終回が鮮烈に記憶に残っている。最終回はタイガーマスクが虎の穴の総帥でもあるタイガー・ザ・グレイトなる残虐なレスラーと決死の死闘を繰り広げた。おそらく、当時、私は声も挙げず固唾を呑んで画面を観ていただろう。あれは何かを私に残した。よいものだったのか、悪いものだったのかは知らないし、わかりようはない。しかし、確かに残ったものがあり、それは40数年経った今なお、時に頭をもたげてくることがある。おそらく、それはこの先も消えることはないだろう。(了) 文責;島田真樹